私が高校生になったことをきっかけに、父が経営する会社のアルバイトスタッフとして仕事に従事するようになりました。

父が経営する会社でアルバイトをすること
父が経営する会社でアルバイトをすること

父が経営する会社でアルバイトをすること

父が経営する会社でアルバイトをすること
私の父は従業員が10人ぐらいの小さな町工場の社長として日々仕事に従事していたため、私自身高校生になり父の会社でアルバイトをすることが日課になっていました。他の従業員の方と同じ待遇で働いていた私ですが、将来父の会社を継ぐ後継者として従業員の方から見られることにより、いつも緊張して仕事に従事する日々を送っていました。私自身は主に機械を操作し製品の検査を行う仕事に従事していたため、機械を操作しているときに体力を必要としたり、検査時に不良品を判別するために目を凝らし仕事に従事することによって、1日の間仕事に従事するだけで体力に限界を感じる仕事内容でした。

私は父から直接仕事を教えてもらう機会がありましたが、他の従業員と一切区別をせずしっかりと仕事を教えようと奮闘する父の姿を目の当たりにすることによって、私自身アルバイト従業員として仕事に従事するだけではなく、将来父の会社を継ぎたいと心から思うことができるようになりました。私は高校を卒業後父の会社でアルバイトを続けながら、他の企業で正社員として仕事に従事するようになりましたが、父の会社では経験することができない仕事を他企業では経験することができるため、私自身他企業で色々な経験を積み、将来父の会社を継ぐことが現在の私の夢です。

Copyright (C)2015父が経営する会社でアルバイトをすること.All rights reserved.